日本生活支援工学会主催・都立産業技術高専 医療福祉工学コース共催

高齢者・障害者を支える工学技術

アイデアコンテスト2018

高齢者・障害者の方々が日常的に不便を感じていることを解消するアイデアを広く募集します!
ちょっとしたアイデアでも不便さの解消につながるかもしれません!

第1ステージ募集中!

締切 平成30年8月31日



コンテストの趣旨

日本生活支援工学会は「すべての人の幸せなることを願い、生活支援に関する学術の進展と社会への貢献を図ること」を目的として活動しています。今年度も、身近な高齢者・障害者の生活を支援する技術について若い諸君に考えてもらうことを目的に、生活を支援する機器や仕組みのアイデアコンテストを行います。今までにない柔軟かつフレッシュなアイデアをお寄せください。応募頂いたアイデアは生活支援工学領域の第一線で活躍する研究者・企業人・大学教授により選考し、表彰させていただきます。


第1ステージの募集内容

柔軟なアタマで身近な高齢者や障害者の方々が日頃感じている不便さを解消する機器のアイデアを考えて下さい。ちょっとした工夫でも効果があるかもしれません。機器や道具が作れなくてもアイデアのみで大丈夫です。優秀なアイデアは先輩たちが具体化してくれるかもしれません。
(第2ステージ(高校・高専・大学生の部)では、第1ステージで選ばれた優秀アイデアの具体化を競います。)


応募用紙

応募用紙はこちらからダウンロード

印刷してご利用下さい


応募方法

専用の応募用紙にアイデアの説明文や説明図を書き、応募に必要な事項を記入の上、コンテスト事務局へ郵送してください。複数の応募用紙をまとめてお送り頂いても構いません。応募用紙が複数枚必要な方は事務局にお問い合わせ下さい。

応募締切:2018年8月31日 必着

応募先:東京都立産業技術高等専門学校 星研究室内 アイデアコンテスト事務局 住所:〒116-8523 東京都荒川区南千住8-17-1


これまでの受賞作品


日本生活支援工学会のページへ